我が家の節水アイデア

一戸建てを購入しており、庭もあり小さな畑も作って野菜や花などを育てています。

我が家の節水アイデア

一戸建てを購入しており…

● 36歳 男性の場合
一戸建てを購入しており、庭もあり小さな畑も作って野菜や花などを育てています。植物を育てるには水が必要です。
定期的に雨が降ればいいのですが、効率よく雨が降ってくれるわけではないので、水道水を使って畑や花壇に水を与えていました。
定期的に自宅で洗車をし、水の使用がそれなりにあります。
外で使う水を減らそうと考え、雨水をためておけるようなタンクの設置を考えました。
雨水タンクは探せば専用の製品が存在すると思いますが、自分で簡易的に作ろうと考えました。
雨水をためておけるタンクをホームセンターで購入しました。
そこにどのように雨水をためるか考えた時、倉庫の屋根から樋で雨水を導いてタンクに入れるようにしました。
ホームセンターで部品を購入して自分で作りました。

雨水を効果的にためておける節水アイデアであり、畑や花壇への水やりに利用したり、洗車の時にも利用します。洗車の仕上げでは水道水を使いますが、ある程度の汚れを取り除く際には雨水で十分です。
自然の水を利用しているので経済的です。

子どもが産まれ3人家族になってからは…

● 37歳 女性の場合
子どもが産まれ3人家族になってからは、水道代が子どもが生まれる前の2倍弱になってしまいました。
水道メーターの検針にくるおばさんに「漏水の可能性があります。もしくはご家族が増えられましたか?」と聞かれたほどです。
そのような出来事があってから、我が家では節水を心がけるようになりました。

小さなところでは「ながら出し」を止めるようにしています。歯磨きしながら、お茶碗を洗いながらの流水は極力なくすようにしています。その他にはお風呂のお湯を洗濯に再利用します。ぬるま湯を使うことによって汚れも落ちやすくなりますし、バケツで水を運ぶことで節電にもつながるので一石二鳥になっていると思います。
もうひとつ大きなところでは、シャワーヘッドの交換です。
最近では、節水しながら水圧は以前よりも上げることができ、しかも水当たりが柔らかいというとても優秀なシャワーヘッドがありますのでそれに交換しました。
これで夏場のシャワーのみの日の対策もできたと思います。
水の節約というのは毎日のコツコツとした積み重ねだと実感しています。

Copyright 2016 我が家の節水アイデア All Rights Reserved.